忍者ブログ
ちいさな庭からはじまる自分styleの暮らし
01 . May
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

27 . August
ゴールドコースト二日目。
晴天ナリ。

currumbin.jpg


今日の行先は、子供たちが最も楽しみにしていた
currumbin wildlife sanctuary
(カランビン・ワイルドライフ・サンクチュアリー)

オーストラリアの中でもコアラを抱っこできる州は限られていて、
主な地区としてはゴールドコースト、ケアンズ、ブリスベンなど。

子供たちのこの旅のイチバンの目的は、
「本物のコアラを抱っこすること♥」
それがあってゴールドコーストを旅の目的地に決めたワケです。


期待を胸に門をくぐると…。

284.jpg

入場して程なくコアラに出会えました。
多分このパークの中でも1、2を争う人気スポットだと思われるのに、
まったく出し惜しみしない寛容さ…(笑)

月並みな言葉だけど、
「可愛い♥」としか言いようがありません。
ふわふわした毛、くりくりした瞳、無防備な口元…。

currumbin2.jpg

眠そう…。

愛らしいコアラに出会い、
嬉しさ余って、写真撮影の申し込み。

currumbin4.jpg

私たちが抱っこしたのは写真の「アビーちゃん」。
まだ眠そうなアビーちゃん、スタッフの方に(無理やり!?)連れて行かれるの図。


101-1_1.jpg

しっかり三枚…^_^;

子供たち二人ともに抱っこさせてあげたかったのですが、
息子はまだ小さすぎるとのことで残念ながらできず私の横でナデナデ。

実際抱っこしてみるとその重さに驚き。
だいたい一歳児の感覚!?
小3の娘がアビーちゃんを落とさないか心配でヒヤヒヤしました^_^;

肩に乗せられた手がはっとする暖かさ。
体は小さいはずなのに、私よりもっと大きい存在に包まれているような
不思議な感覚。


currumbin5-1.jpg

次はカンガルーゾーンへ。
目の前にしておっかなびっくり。


currumbin6.jpg

カンガルーの餌付け。
左のカンガルーのお腹のポケットには赤ちゃんが入っています。


currumbin7_1.jpg

園内を走るトレインにひかれそうになっても
びくともしないカンガルー。スタッフの方が慌てて移動^_^;
完全に野性を失っている姿…。
皆笑ってはいるけれど、なんだか複雑。


73e9d3a7.jpg

名前からして狂暴な「タスマニアデビル」。
実際目の前にするとそのへっぴり腰にいささか拍子抜け^_^;


currumbin11.jpg

…と思った次の瞬間、
飼育員さんが投げた肉の塊をめぐって二匹の争い(怖)
綱引きのように引っ張り合う二匹^_^;
結局もう一つ投げ込んでもらい、食事にありつくデビル。


currumbin12.jpg

このパークはもともとは野鳥園。
この土地の所有者がグラジオラスを育てており、
野鳥がそれをついばみにくることに困り餌付けしたのが
発端となっています。

なので、あくまでもこのパークの最大の見ものは
閉園時間直前に行われる「ロリキート」という鳥の餌付けです。

しばらく眺めていると、同じように餌の入った皿を差し出す人々の中でも
明らかに人気者とそうでない人の格差が。
今日のNo.1はこの白いTシャツのオジサンに決まり!
頭の上にまでロリキート(笑)
きっと鳥をも惹きつける優しい「気」を発しているんでしょうね♪


currumbin13.jpg

番外編…。
噂には聞いていたけれど初めて目にした「セグウェイ」。
スタッフの方が乗っているのがちらほら。
環境を気遣うオーストラリアのこと、排ガスを出さないエコな乗り物として
移動手段につかわれているのかも。


初めは子供のために…。と思って足を運んだこのパーク、
振り返ると大人の自分もしっかり楽しんでいました(笑)
かなりおすすめです♪



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
にほんブログ村 
 

最後までおつきあいいただきありがとうございます♪
ランキングに参加中です。
上のバナーを「ぽちっ」としてもらえると今の順位が表示されます。
クリックしてもらえると励みになります♥

また見にいらしてくださいね~♪


 
PR
無題
junさん こんにちわ~
Waho!! すばらしいバケーションですね
私も楽しませていただいてますヽ(^o^)丿

コアラさん~~ (*'▽'*)キュッ.:*・゚
すぐに会えるんですね
そうそう、出し惜しみしない大らかさ、外国ではよくありますね^^
そんなに重いのですか~・・
そして肩に掛けられた手があったかかったんですね
そういうことって、忘れられませんね
・・私もイルカのフィーディングで、冷たいと思ってた体があったかくって
まだ忘れられません^^

junさん とても素敵なご旅行ですね
ご一緒させていただいてとってもうれしいです
また楽しみにしています~ *^-^*
れぃんさん / 2010/08/27(Fri) / URL 編集
無題
■れぃんさん■
れぃんさん、こんばんは~。
旅日記を一緒に楽しんでいただけて嬉しく思います。どうもありがとうございます♪

れぃんさんも、動物のあたたかさを体感されたのですね…。
イルカのフィーディング、私もしてみたいなぁ…。イルカ大好きです♥
今回の旅行はれぃんさんのコメントで書いてくださったような大らかさ、そして出会った人や動物のあたたかさが心に残る旅になりました。
そういうことって、旅先で見た素敵な風景以上に心に残るものですね。

いつも応援ありがとうございます。
れぃんさんの心あたたまるメッセージに感謝です♪
junさん / 2010/08/27(Fri) / 編集
無題
junさん こんばんわ~
きょうもコアラさんに会いにきました *^-^*
お帰りになってからも、実際にだっこできたなんて夢のようではないでしょうか♪
いろんな映像でコアラに会うたびにこの旅行のシーンが思い出されますね *^-^*
日本のコアラちゃんには専用御用牧場のユーカリ園があるのだそうですね^^
それも政府の管理のもと、まさかの時のために2か所あるそうですね
でも、命を育てると言うことはそういうことですものね^^

junさんのお写真、とってもとっても素敵さんです~*^-^*
そしてセグウェイ、はじめて見せていただきました♪
れぃんさん / 2010/08/29(Sun) / URL 編集
無題
■れぃんさん■

来てくださって本当にありがとうございます♪
れぃんさんのブログのお返事(綿の花)、暖かいメッセージに感激していたところです。

日本のコアラの命をつなぐため、専用御用牧場のユーカリ園があるのですね…初めて知りました。
裏返せば、辛い現実ですがコアラは絶滅の危機にさらされているということでもあるのですね。

れぃんさんがおっしゃるように、可愛いコアラの写真を見る度に、とっても素敵な経験ができたな…と夢心地になります♪
あの包まれるような感覚、忘れずに大切にしていきたいと思います♥
junさん / 2010/08/29(Sun) / 編集
NAME
TITLE
TEXT COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事にトラックバックする:
Profile
HN:
jun
HP:
性別:
女性
自己紹介:
主人と娘(中1)、息子(小5)との四人家族。
ヴィンテージジュエリーSHOP
”La Fusion"の店主をしながら、日々の暮らしを楽しんでいます。
お料理、ガーデニング、アロマ、手仕事、DIY…四季折々の愉しみをご一緒しませんか。



【私のSHOP】

【La Fusion Facebook】

【もうひとつのmyブログ】  a64f338c.jpg

Calendar
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
掲載していただきました♪
6f54eabb.jpg
最新コメント
[10/03 jun]
[09/30 おじゅん]
[09/28 jun]
[09/28 jun]
[09/28 lunaya]
[09/27 れぃん]
[09/24 jun]
[09/23 lunaya]
[09/19 jun]
[09/19 jun]
ブログ内検索
最新トラックバック
Barcode
Powered by NINJA BLOG  Designed by PLP
忍者ブログ / [PR]