忍者ブログ
ちいさな庭からはじまる自分styleの暮らし
18 . October
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

23 . December

今日は23日でクリスマスイブのまたイブ♪
クリスマスパーティーを
された方も多いのではないでしょうか。

タイトルが物語るように、
今日のわが家はいたって普通の一日(笑)
週末に家族でクリスマスの食卓を囲もうと思っています。

全くこの時期の話題とは
かけ離れていていささか申し訳ないのですが…。
最近興味がある「重曹」のお話を♪


011.jpg


「重曹生活のススメ (岩尾明子著)」
という本を手にとったのはかれこれ2~3年前。

環境にやさしくて、使いまわしのきく
「重曹」をつかった暮らし、
ずっと興味があるにはあったのですが、
何だかめんどくさいなぁ…と
重い腰を上げるまでには至りませんでした。

再度読み返してみると、しくみが少しずつわかってきて…。
何だか試したくなってきました(笑)



まず手始めに…。
『重曹の消臭剤』

重曹が消臭の働きがあるのは、
ほとんどの不快な臭いは酸性物質であり、
重曹と中和分解するからだそうです。
(本には元素記号を用いた式まで載っていますが
ここでは難しいことはパスします 笑)

消臭だけでなく、芳香も…。
と考える私のような欲張りな人には、
重曹にお好きなアロマオイルを数滴加えることで
芳香剤にもなります♪


026.jpg


アロマオイルはお好きなもので♪
自分好みの快適な空間に近づきます。

ここにあるのは
「ティートゥリー」と「シダーウッド」
どちらも殺菌作用や消毒作用が強いオイルです。

また後日記事にしようと思っていますが、
この消臭に使った重曹は
リサイクルしてお掃除などに使っていきます。

後にお掃除に使うことを考えて
今回は手持ちのオイルの中で殺菌作用が強いものを選んで
重曹に加えてみました。

周りに爽やかな香りが広がります。


43095091.jpg


アロマ重曹の容器がいくつかある中に
上のようなものも用意しました。

芳香のために以前から使っていた
「ESTAEBAN(エステバン)」の香りのオブジェを上に。
こちらは芳香重視の場所に。
セラミックにしみ込ませた香りが長持ちします。

のちほど重曹をリサイクルするのは同じです♪


057.jpg


重曹の容器は、消臭・芳香したい場所
どこにでも置くことができます。

玄関、リビング、トイレ、クローゼット、シューズクロークetc…。

ちょっと狭い場所には上の写真のように
小さめの容器に(ひっくり返さない場所に…笑)

ひっくり返しちゃうかも…という時は、
お茶や出しをとるパックに入れておくといいと思います。
(多少の粉はで出ますのでやはり容器は必要です)


重曹の交換の目安は3カ月。
消臭・芳香のお役目を終えた重曹は
このあとお掃除などで頑張ってもらいます♪

そのことについては
後日また記事にさせてもらいますね☆

 重曹の消臭芳香剤からはじまる
重曹LIFE、そしてエコ掃除LIFE…。
これからが楽しみです♪



最後までおつきあいありがとうございます。
また遊びに来てくださいね~♥

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村
    ↑↑
応援クリックが更新の励みになっています。
どうぞよろしくお願いします。

PR
| HOME |
Profile
HN:
jun
HP:
性別:
女性
自己紹介:
主人と娘(中1)、息子(小5)との四人家族。
ヴィンテージジュエリーSHOP
”La Fusion"の店主をしながら、日々の暮らしを楽しんでいます。
お料理、ガーデニング、アロマ、手仕事、DIY…四季折々の愉しみをご一緒しませんか。



【私のSHOP】

【La Fusion Facebook】

【もうひとつのmyブログ】  a64f338c.jpg

Calendar
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
掲載していただきました♪
6f54eabb.jpg
最新コメント
[10/03 jun]
[09/30 おじゅん]
[09/28 jun]
[09/28 jun]
[09/28 lunaya]
[09/27 れぃん]
[09/24 jun]
[09/23 lunaya]
[09/19 jun]
[09/19 jun]
ブログ内検索
最新トラックバック
Barcode
Powered by NINJA BLOG  Designed by PLP
忍者ブログ / [PR]